紫陽花のおまじない

こんにちは❗堺店です🤗

明日からついに6月に突入します‼
また新しい月が始まるので、✨リフレッシュ✨した気持ちで、
来月もがんばっていきましょう😆😆😆

さて、6月は少しずつ天気の変化がはっきりする時期🌤
この時期に思い浮かぶ花といえば、紫陽花(あじさい)ですね❗


雨上がりで澄んだ空気の中、雨露に濡れて輝く紫陽花は、
見ているだけで元気をもらえる花のひとつです☺ 

そんな紫陽花には昔から信じられている、
✡おまじない✡があるんです😉

6月の中で、6がつく日(6日・16日・26日)に、
紫陽花を半紙で包み、水引で結んだものを逆さまに吊るしておくと、
厄除けになると言われています😃

“玄関”に吊るせば、厄除けになりお金が貯まり、
“トイレ”に吊るせば、病気にかからないそうです。

諸説ありますが、昔から、黄金色のハチミツを蓄える習性から、
「金運・貯蓄」の象徴とされている“蜂の巣🐝”を吊るすことで、
商売繁盛を願うという風習がありました🙄

それが転じて、形が似ている紫陽花が吊るされるようになったそうです😆
そのため紫陽花は“金運の花”とも呼ばれています🎶

そこで、今回でご紹介したい天珠は、
金運を呼び寄せると言われる寶瓶天珠です‼

寶瓶とは、お金が貯まる入れ物を表しています。
大いなる金運を授かり、大財を築けるとされて言われています。
また金運だけでなく子宝にも恵まれるとされています。

来月もスタッフは元気いっぱいで、お客様をお待ちいたしております。
ぜひ、近くのお店に浄化にいらして下さい‼🤗