【番外編ブログ】チベット犬

皆様こんにちは‼

特別編ブログ内でご紹介していた「チベット犬」🐶

実は・・・このワンちゃんが、とってもすごい犬なんです‼‼

なので、ブログで改めてご紹介したいと思います~💨😀

「チベタン・マスティフ」という犬種で、
チベット民族たちがヤクなどの番犬として飼育しており、
チベット高原が原産地の超大型犬😃

警戒心が強くよそよそしいですが、温和で忠誠心の強い性格。
どっしりとした姿から、とても強い印象を与えます。

そして、チベタン・マスティフの大きな特徴ともいえるのが首周りの立て髪。
ライオンのような立て髪がある犬を「獅子型🦁」、
立て髪がない方を「虎型🐯」とタイプが分けられています。

この立て髪から中国のある動物園ではチベタン・マスティフを、
ライオンとして展示していた事件がありました・・・

動物園に来ていた子供が「ワン」という鳴き
声を聞いて、
ライオンじゃないことが分かったなんて話もあるほど😂😂😂

たしかにかなり大きくて迫力があるので、
ライオンと言われても分からないかもしれませんね😅



そして、このワンちゃんは発情期が年に1回しかないので、
繁殖させるのがとても難しいと言われています。

現在、純血種のチベタン・マスティフは全世界で200頭もおらず、
チベットには20頭前後しか現存しないそうです‼


(ワンちゃんたちのおかげで、会長もスタッフも一気に癒されました❗😊🐶)


そして、体の大きさから毎月かかる飼育費や、飼うためには広い場所が必要なので、
中国の富裕層の間では「富の象徴」とも言われています。

それほどまでに、希少なこのワンちゃんは驚くほど高額で取引されています。

その金額は100万~数億円ほど😣
希少種ということもあり、バブル時に最高額で取引された際には、
なんと・・・約3億7000万円の値段がついたそうです‼😵😵😵

ものすごいワンちゃんですね‼️
(笑)


そんな高額の中でも、赤茶の毛色をしたチベタン・マスティフは、
毛色がチベットの僧侶「ラマ」が着ている服の色と同じなので、
特に重宝され、普通の人が飼ってはいけないとされています。

ワンちゃんの毛色からでも、仏教につながるなんてチベットらしいですね😃
チベットのワンちゃんについて、スタッフがお届けしました‼👐